ゾンビ

生気を失った顔、両手をのばしてうなりながらゆっくり近づいてくる(最近の映画では「走るヤツ」もよく出てきますが)ゾンビ。そんなゾンビが出てくる夢は、もちろんどっちかといえばマイナスの夢。
追いかけられてひたすら逃げた、ドアに鍵がかかった部屋でゾンビと睨み合った……などなどさまざまな内用の夢を見ることがあるようですが、夢占いではゾンビを「不安感」の象徴であると解釈します。
しかも、「これが不安!」とハッキリ言うことはできないけれど何となく不安、という意味での不安感を意味することが多いようです。

特に、「ゾンビと睨み合う」「ゾンビに食べられそうになる」といった夢は、精神的に不安定になりつつあることを暗示しています。目が覚めたあとは、今あなたの人生にある不安要素は何か、じっくり考えてみるといいかもしれません。

「現実に向かい合うべき!」というメッセージ

また、夢占いではゾンビを「現実逃避」の象徴と解釈することもあります。
特に、「ゾンビから一目散に逃げている」という内容の夢は、今あなたが厄介で面倒な現実に背を向けていることを暗示しています。「このままではよくないかも」と、あなた自身の心があなたにメッセージを与えている夢であると考えることができます。
そろそろしっかり現実と向き合うべき時が来た、というわけで、思いきって立ち向かう準備を始めましょう。

キーワード検索