車椅子

自分一人では歩けなくなってしまったときなどにお世話になる車椅子。病気で体力が落ちてしまったときとか、骨折してしまったときなどに活躍してくれますが、そんな車椅子が夢に出てくることがあります。特に「自分がのっている」という情景を夢に見ることが多いようです。
夢占いでは、車椅子はまさしく今、あなたが何かの手助けを必要としている、ということをあらわします。
病気になっているとか、骨折しているとかいうことではなく、たとえば仕事や恋愛などさまざまなことにおいて、車椅子のようにサポートしてくれる誰かが必要である、ということをあらわします。
車椅子の夢を見たときは、ひとりきりで頑張るのではなくまわりに助けを求めながらいろんなことに向かっていくべきだといえるでしょう。

「今は準備期間!」というお告げ。

また、車椅子の夢は「今はまだ準備期間!」ということを伝えるストッパー的な意味合いを持つものであるとも考えられます。たとえば現実の世界でも車椅子は日常生活に戻る前のリハビリ期間に使われることがありますが、夢に現れるとき、まさしくそのような意味合いを持つことがあるのです。
今、何かあまり準備に時間をかけずに手を付けようとしていることがあるとき……そんな心当たりがある人は、夢の「お告げ」に従うことが大切だといえるでしょう。

キーワード検索