自動販売機

夢の中に登場するモノの中には、「良い意味」と「よくない意味」の2つを同時に持っている、そんなモノもあります。正確な夢占いをするためには、どちらの意味もしっかり把握したうえで自分の実生活と照らし合わせて、どっちの意味を持つモノなのか考えてみましょう。
たとえば、自動販売機。硬貨を入れてボタンをピッと押せば「つめた~い」あるいは「あったか~い」飲み物がゴトン!と出てくる、便利な自動販売機を夢に見たときも、実生活と照らし合わせて夢占いをしてみる必要があります。

自動販売機の持つ「良い意味」は、「棚ボタ的に欲しいものが手に入る」「求めていた結果が出る」という予感です。ボタンを押すだけで望む飲み物がすぐに出てくる自動販売機は、「お手軽な目標達成」をあらわすモノなのです。

自動販売機の「よくない意味」とは……?

一方、夢に登場する自動販売機が持っている「よくない意味」は、夢を見る人の「安直な性格」です。
実生活を振り返ってみて、何かといえば「楽をしよう」と考えてしまいがちな人。
そのような人の場合、夢に出てくる自動販売機は「よくない意味」を持っていると考えられます。

何をするにしても楽をしようとばかり思いつつ、心の底では「これではいけない。今にしっぺ返しがくるかも」と考えている……そんなとき、ある種の「警告の夢」として自動販売機が登場する夢を見るのです。
今まさに、仕事などで「何とか楽できないかな」などと考えている心当たりがある人は、気をつける必要があるといえるでしょう。

キーワード検索