制服

夢の中では誰と会ったか、何をしたかということは比較的クッキリ覚えているもので、それが夢占いのための材料になるのですが、細部は曖昧であるという場合が大半です。たとえば、夢の中で自分やほかの人が着ている服をクッキリ覚えている、ということはあまりないようです。というわけで、たとえば服などの細部が印象に残る夢を見た場合には、その細部にこそ夢占いの材料があると考えられます。

たとえば、「制服を着ている」という夢。夢に登場した人物が、自分も含めてみんな何らかの制服を着ていたという夢は、あなたが多くの人に受け入れられているということを意味します。制服は、夢占い的には「社会性」をあらわします。あなたがきちんと社会の一員として認められていることを暗示しているのです。

「制服が気に入らない」という夢は要注意!

夢の中で自分が着ている制服のデザインやサイズが気に入らない、着心地の悪い思いをしている、そんな場合は要注意です。社会の中で自分自身、居心地の悪さを感じている、あまり受け入れられていないと考えている、そんな場合に見る夢なのです。
そのような夢を見てしまったときは、まわりになじめなくてストレスを感じていると解釈できます。
ストレスをしっかり解消すること、そしてまわりに馴染むにはどうすればいいか考えることが必要だといえるでしょう。思いきって環境を大きく変えてみるという行動が、突破口になるかもしれません。

キーワード検索