うどん

美味しく消化によく、夏は冷たく、冬はあたたかくして食べることができるうどん。
そんなうどんは、夢占い的には「経済的な安定感」をあらわすものであると考えられます。つまり、美味しいうどんを食べているという内容の夢は、経済的に安定した状態であることを意味しているのです。
逆に、「うどんがまずい」とか「熱いうどんを食べたいのにツユが冷めきっている」とか「せっかく食べようとしたうどんをひっくり返してしまった」とか、そのような内容の夢は、経済的な安定が失われようとしていることをあらわしていると考えられます。そのような内容の夢には、要注意です!

「うどんを打つ夢」の意味は?

「うどんの夢」の中には、うどんを食べる夢ばかりでなく「うどんを打つ」という内容の夢もあるようです。
このような夢を見た場合、占いを成功させるためには「上手に打てたかどうか」に着目する必要があります。
「うどんを自分で打つ」ということは、「経済的な安定を目指すために頑張る」ということをあらわすものです。つまり仕事を頑張る気力体力が十分であるとき、人は夢の中でうどんを打つのです。
一方、うどんを打ったものの上手にできなかった……という内容の夢は、頑張るものの空回りしがちであるということをあらわしていると解釈できます。

キーワード検索