夢雑学

夜眠るとき、あるいは休日のお昼寝、電車の中や授業中や会議中のうたた寝。
さまざまな眠りの中で、私たちは夢を見ます。
ウーンと伸びをしながら目覚め、「ヘンな夢を見ちまった」と言ったり、「いい夢を見れた」と喜んだり、「不吉な夢を見た!」と不安になって家に電話をしてみたり……私たちは夢に一喜一憂し、リアルな夢の場合は折にふれて思い出してみたり、あまりにも面白い夢を見たときは忘れないように書き留めてみたり、さまざまな付き合い方をしています。

夢はあなたの心に隠れた感情を明らかにするもの

もちろん、「所詮、夢は夢さ」という人だって多いでしょう。
「夢は自分が見るものだから、外の世界とは何の関わりもないはずだ」と。
確かに。夢に火を吐く怪獣が出てきたからといって、現実世界にも同じように怪獣が現れるとは限りません。
しかし、夢占いでは、あなたの夢の中に登場した怪獣は、あなたの心に隠れた感情を明らかにするものであると考えます。現実の世界に怪獣が存在しないとしても、あなたの心の中には「怪獣」の意味する感情が存在する、と考えるのが夢占いです。
何気なく見てすませている夢も、読みといてみると実は面白い意味を持っていたりするのです。

ここでは、そもそも夢とは何なのか、夢で見るものや経験することにはどのような意味があるのか、例を挙げつつまとめてみました。

夢とは何か?夢を見ることの意味を考える記事