トイレ

「トイレに行く夢」には、大きく分けて2つの意味があります。
ひとつは、「トイレに行きたい」という場合です。この場合は、夢の中でトイレに行くなり何なりしたあとで目が覚めることになるでしょう。
占うまでもなく、こちらは純粋に生理現象が原因になっていると考えられます。
一方、トイレが登場する夢にはもうひとつの意味があります。トイレは排泄物を流すための場所ですが、トイレに行くということは、「不要なモノを流す」ということを意味していると夢占いでは考えられるのです。

トイレは「身辺整理をしたい気持ち」のあらわれ

トイレは、生活をしていく中で出会うさまざまな不要なもの、良くないものを流してしまいたい、身辺整理をしたいという気持ちのあらわれであると考えられます。

特に、トイレに入って「汚いな」と思う、という内容の場合には、「汚い」という思いに象徴されるような何か不要なもの、良くないものが今まさに現実に存在しているということになります。
心の底にあるそのような思いが、トイレという場所をとって夢の中にあらわれるのです。
そのような夢を見てしまったときは、「何か今、人生で足を引っ張っているようなことがないか、不要なものがあるのではないか」と考えてみることが大事であるといえるでしょう。

キーワード検索