暗雲の中で激しい光がまたたいてお腹の底に響くような大音響が鳴る!そんな雷。体にショックが走って思わず耳をふさいだり、そばにいる人にしがみつきたくなったりする人も多いでしょう。
そんな雷、夢占いでは「ショックな出来事が起こる前触れ」であると解釈することができます。
何か起こるかもしれない……という予感が、そのような夢を見せるようです。雷が鳴って怖い思いをした、という夢を見たときは余計なトラブルに巻き込まれないよう注意することが大事であるといえるでしょう。

「良いひらめき」をあらわす場合も!

一方、光がパッとひらめいて地球にショックを与える雷は、「ひらめき」をあらわすと考えることもできます。
夢の中で雷が鳴ったとき、不快感よりも爽快感を覚えたり、雷が光る空がきれいだと感じたりする場合は、むしろ良い意味が込められているといえるでしょう。
たとえば仕事で行き詰まりを感じているタイミングで、「雷が鳴って空や町が美しく照らされる」という内容の夢を見たときは、行き詰まった状態から脱する新しい発想が生まれる前兆であると考えられます。

このように、同じ雷の夢でも夢の内容によって夢占いの結果が変わってきます。
どんな内容の夢だったか覚えておくと、正確な夢占いができるのです。

キーワード検索