「3」

「3」という数字を目が覚めてからも覚えている、そんな夢を見ることがあります。
夢の中で泊まったホテルの部屋番号が「3」だったとか、前から歩いてきた人のTシャツに大きく「3」とプリントされていたとか、自分がノートに「3」と書いているとか……このような夢には、良い意味とそうでない意味、それぞれの意味があると考えられます。
具体的には、楽しい夢だった場合は良い意味をあらわし、不安になるような夢の場合は悪い意味をあらわすと解釈できます。

「三角形」と「三角関係」

「3」は、夢占いでは「安定」をあらわすと同時に、逆の「不安定」もあらわします。
たとえば「3」は、底辺と頂点があるので安定して立つ「三角形」を連想させます。一方、3人が互いに愛し合ったり憎み合ったりする不安定な関係「三角関係」も連想させる数字です。
「3」が安定、不安定という2つの相反する意味を持つのは、そのような理由からなのです。

「3」が印象に残る楽しい夢は、あなたの人生が安定したものになることを暗示していると考えられます。
一方、同じ「3」の夢でも楽しくなかった夢は、こじれた三角関係のような不安定な人間関係に悩まされることがあるかもしれない、という意味をはらんでいます。
「3」の夢を見たときは、夢を見たときの感情も意識することが大切です。

キーワード検索