悲しいときや嬉しいとき、さまざまな感情とともに目からあふれる涙。そんな涙が夢の中に出てきたとき、考えられる意味はいくつかあります。ひとつは「イライラ・モヤモヤという感情を持っていること」です。特に悲しい気持ちで涙を流しているという内容の夢には、そのような意味合いが強いようです。何かハッキリさせたいことがあるとき、実生活で関わっている人の態度がハッキリしなくてイラついているときなどに、夢の中で涙が出てしまうことがあるようです。

「幸運」も意味する!

涙を流す夢を見たときは、夢の中で自分がどんな感情を持っていたかに注目することが必要です。そのことによって正確な夢占いが可能になります。たとえば、夢の中で悲しい感情を持ちながら涙を流していた場合は、上に書いたような意味合いを持ちます。
一方、夢の中で流した涙が「うれし涙」だった場合は話が違ってきます。この場合は一転して、その人に幸運が舞い込んでくる予感をあらわすと解釈できます。たとえば、恋が成就する予感があるとき、夢の中で早くもうれし涙を流していると考えることができるわけです。
また、人それぞれ不安に思っていることがあると思いますが、涙の夢はそのような不安を解消できることをあらわしていると考えられます。

キーワード検索