寿司

特別なときに食べる料理といえばいろんなものが思い浮かびますが、何といっても寿司だという人は多いのではないでしょうか。寿司の出前をとったり「回らない寿司屋」に行ったり、ちょっとした贅沢として楽しんでいる人も多いでしょう。そのような寿司が夢に出てくることがあります。
寿司を食べたり寿司屋に座っていたり、あるいは自分が握っているという場合もあります。

夢の中で、寿司はさまざまな「願望」をあらわすと考えられます。欲しいものがある、やりたいことがある、という場合に見る夢であるようです。寿司屋にいて美味しそうな寿司を目にしている、食べているというのはそのような意味を持っていると解釈できます。

自分で握っている場合は「味」に注目!

「寿司屋で寿司を食べる」ではなく、「自分で握って食べる」という夢を見ることもあります。
この場合には、握った寿司がおいしかったかどうかということに注目すると、しっかり占うことができるでしょう。
「自分で握って食べる」という夢は、「欲しいもの」「やりたいこと」に向かって努力しているということをあらわしています。願望をかなえるために行動を起こしているということの暗示と解釈できます。
そのうえで味の良しあしに着目すると、願望がかなう見通しがあるかどうかを知ることができます。「欲しいものが手に入りそう」というときにはおいしく握れた寿司が、そうでないときは微妙な味の寿司が仕上がる、ということになっています。

キーワード検索