相撲

大きくパワフルな力士さんたちが戦う相撲は日本の国技ですが、自分が力士さんとなって相撲をしていたり、あるいは相撲を観戦していたりと、相撲関係の夢を見ることがあります。
これは、主に人の精神的な強さをあらわすと考えられます。たとえば自分が相撲をするという夢は、高い精神力をもって物事に当たる準備ができていることをあらわします。
また、パワフルに取り組みをする力士さんたちを見ている、という夢は精神的な支えになってくれる人がいることをあらわしていると解釈できます。

「相撲に負ける夢」には注意!

夢占いでは「精神的な強さ」をあらわす相撲ですが、その力が低くなっているとき、簡単にいえば「弱気になっている」というときにも夢に見ることがあります。
たとえば、土俵に上がるものの取り組みの前に下りてしまう夢や、こっぴどく負けてしまうような夢は、物事に対して尻込みしがちな状態をあらわしていると解釈できます。
たとえば恋愛において、「いま告白すればいけるのではないか」という自覚があるにもかかわらず、尻込みしてしまって告白できない、といった状況にあるときにそのような夢を見るようです。
このような夢を見てしまったときは、勇気を出して物事に臨むことが必要になりそうです。

キーワード検索