スーツケース

今ではごろごろ引いていくキャリーバッグが主流だということであまり見かけなくなりましたが、昔の映画などではおなじみの小道具として知られているのがスーツケース。『男はつらいよ』シリーズの寅さんが持っていますね。旅行用具や着替え一式を入れて持ち運ぶ、そんな旅行用カバンです。
このスーツケースが、夢の中に登場することがあります。
スーツケースを持って歩いている夢とか、スーツケースが駅のホームにいっぱい置いてあったとか、内容はさまざまですが、とにかく「スーツケースが印象に残る夢」があります。

スーツケースだけでなく、滑車付きのキャリーバッグや肩にかけるタイプのボストンバッグなど、サイズが大きめで旅行の際に重宝するタイプのカバンは、夢占い的には「大きな環境の変化」をあらわします。
まさしくスーツケースの機能にマッチした意味があるわけです。

荷物でいっぱいのカバンは幸運の暗示!

旅行のとき、スーツケースやキャリーバッグに荷物がたくさん入っていると重くて困りますが、夢占いでは、「重いスーツケース」は幸運の象徴であると考えられます。
大きく環境が変化することをあらわすスーツケース、それが荷物でいっぱいであるということは、「これから訪れる変化は、人生の成功につながるに違いない」という思いが心の中にあることを意味しているのです。

キーワード検索