ストーカー

現代の日本において、なかなかなくなることのないストーカー被害ですが、夢の中でストーカー被害にあったことのある人もいるのではないでしょうか。
いくら夢の中だとしても恐怖は感じますし、夢の中では思うように走れずもどかしさも感じるでしょう。
また、目が覚めてからもモヤモヤした気持ちでいっぱいになるはずです。
「夢でよかった…」という安堵の気持ちになるかもしれないですが、夢の中で見るストーカーは警告夢でもあるので、決して安堵していいものではないのです。

対人トラブルの警告

ストーカーというのは自分対誰か、という一対一の関係なので、夢の中でストーカーに追いかけられるという夢は、友人や恋人との関係性が崩れるかもしれないという暗示でもあります。

追いかけてきたのが異性の場合には恋人との関係性の悪化を暗示しています。
また、恋人がいない人であれば、今後当分の間は恋愛に発展するような出会いがない、恋愛運の低下を意味します。
これが同性の場合には、友人との関係に亀裂が入ってしまうかもしれないという警告なのです。

どちらにせよ、自分の言動で相手を傷つけてしまったり、トラブルが起こってしまうかもしれないということを表しているので、人と会う時には言葉遣いなどには注意することが必要でしょう。

キーワード検索