今、大なり小なり人生の岐路に立たされている。そんな状況にある人が見ることが多い、といわれているのが「駅の夢」です。
駅は、電車に乗って別の土地へ行くための場所。
つまり、今とは違う状態に身を置こうとしていることをあらわしているのです。

夢占いを正確に行うには、夢の中の駅が良い印象だったか、それとも良くなかったかということに着目する必要があります。これから向かおうとしている場所への期待をいっぱいに持って電車を待っている、そんな夢は、人生の岐路に立って、その先のことに希望を持っていることのあらわれであると考えられます。

「構内で迷っている夢」は要注意。

ただし、同じ「駅の夢」でも、たくさんの路線が乗り入れている巨大なターミナル駅で、どこに行けば目指す電車に乗れるのか分からず右往左往している、駅員さんも何となく不愛想で「オレに聞くな」というオーラを発している、そんな夢の場合は要注意です。
「駅の構内で迷っている夢」は、まさしく今、あなたが人生の岐路に立って行く先に不安を抱えている、おそらくこれから悪くなるのではないかと思っている、そのことのあらわれです。
「迷う夢」を見てしまった場合は、これから先何かをするとき、特に注意していく必要があるといえるでしょう。

キーワード検索