屋台

お祭りの縁日で目にすることが多い屋台。タコ焼きにりんご飴、射的ゲーム……などなど、さまざまな屋台が思い浮かぶでしょう。たくさんの人が賑やかに買い物をしているそんな屋台の光景を夢に見たときには、大きく分けて2つの意味が込められていると考えられます。
ひとつは、「祭り」と同じく「変化を求める願望」を持っているということです。
お祭りの日など特別なときに登場する屋台は、「非日常」を象徴する存在。そんな屋台を夢に見るということは、今とは違う別の日常、別の生活を求めている、ということであると解釈できるのです。

「人との縁」をあらわすことも……。

一方、いろんな人と一緒に屋台を巡っているという内容の夢は、「人との縁」をあらわすと考えることができます。特に、新しい出会いによって人生が変わるような出来事があるとか、良い仕事が舞い込んでくるとか、そのような予感が見せる夢であると解釈できます。

屋台を夢に見たとき、いろんな人と楽しく過ごしているか、それともどこか溶け込めずにモジモジしているか……そのような細かい部分を覚えておくようにすることで、正確な夢占いができるでしょう。
前者の場合は、「人との良い縁」をあらわし、後者の場合は「変化を求める願望」をあらわします。

キーワード検索