すずめ

夢の中に登場する鳥は、多くが「幸運」や「平穏」をあらわします。
チュンチュン、という朝の鳴き声を聞く前……夢の中でもその声を聞いていた、その姿を見た、という場合、夢占い的には「平穏な生活」をあらわすと解釈できます。
すずめが鳴いたり、飛んだり、地面の虫や米粒を食べたりしている……。
そんな何気ない、可愛らしい姿を見て心がなごんだという内容の夢は、家庭生活や恋愛、仕事などもろもろの事柄が安定していることをあらわします。現在だけでなく、今後もそれはそうであり続けるだろう、という予感もあらわしていると解釈できます。

すずめは「裏切り」もあらわす

ただし、夢の中に登場するすずめが可愛くなく、それどころか畑を荒らしたり急に巨大化して家を踏みつぶしたり大事に飼っていた虫を食べたりする……そんなイヤなイメージのすずめだった場合、夢占いの結果は変わってきます。実は、すずめは「幸運」や「平穏」だけでなく「裏切り」もあらわす鳥なのです。
しかも、家族や友人、恋人といった身近な人による裏切りを暗示します。
ふだんは小さくて可愛らしい鳥であるからこそ、イヤなイメージだった場合には「裏切り」という正反対の意味をあらわしてしまうのです。
夢の中ですずめを見てどんな気分だったか、心がなごんだか、イヤな気持ちになったか、覚えておくと正確な夢占いができるでしょう。

キーワード検索