スープ

お味噌汁やコーンポタージュ、野菜スープ……などなど、特に冬には体を芯からあたためてくれるスープが夢の中に出てくるときには、それが熱くて美味しいやつだったか、それとも冷たくて美味しくないやつだったか、覚えておくと夢占いをするうえで大きなヒントになります。
スープは、夢を見るあなたの心をあらわします。特に家族や友達、恋人に対するときの心をあらわすと夢占いでは解釈します。
そして、スープの温度や味は、文字通りあなたが周りの人たちと心温まる関係を築けているかどうかということを解き明かしてくれます。

スープが熱くて美味しいとき、家族関係や友達関係、恋愛関係は充実しており、幸せな気持ちで周りの人に接することができているようです。

「冷たいスープ」は「冷めた心」をあらわす

一方、凍るような冷たいスープを美味しくないのに無理して飲んでいる、といった内容の夢は真逆の意味合いを持つと考えられます。
冷たくて美味しくないスープは、家族関係や恋愛関係が冷えきっていることを意味します。親しい人と一緒にいても寂しい思いをしているのではないでしょうか。
ただし、多くの場合は周りの人がどうというよりも、あなた自身が周りに対して失望していたり、よくない態度を取ったりしているときに見ることが多いようです。
はっきり不満なことがある場合は、思いきって話し合いを持ちかけてみるといいかもしれません。

キーワード検索