そば

大みそかには「年越しそば」、引越しをつつがなく終えたときは「引っ越しそば」と、大きな節目を迎えるとき、日本ではそばを味わう文化があります。
もちろん、ふだんからそばが好きでよく食べる、という方も多いでしょう。
そのような人にとっては「特に意味もない夢」と思われるかもしれませんが、夢占いでは「そば」にもきちんとした意味があると考えます。

夢の中に登場するそばは、あなたの人間関係を意味すると解釈できるのです。
熱いおつゆがたっぷり入った「かけそば」や「天ぷらそば」を美味しく味わっているという夢は、何の問題もなく、人間関係が円滑な状態で進んでいくという予感をあらわしています。
周りの人といい関係を築けているとき、そのような夢を見るようです。

「汁なしそば」を食べているときは注意!

一方、「ざるそば」や台湾風の「まぜそば」のような「汁なし」のそばを食べているときは要注意です。
ツルツルとスムーズに食べているときは大丈夫なのですが、たとえば箸が折れるほどガチガチにからまって固まっている、という「汁なしそば」を四苦八苦して何とか食べようとしている……そういう夢は、特に人間関係で問題が発生してしまうことのあらわれであると考えられます。
これからの友達関係にヒビが入りそうな出来事があった、というときに見る、ある意味では「警告」の夢であると考えられます。今のうちに円満に解決できるように動くべきだといえるでしょう。

キーワード検索