はるか昔、蛇が禁じられた「知恵の実」を食べるようアダムとイブをそそのかし、そのせいでアダムとイブ、そしてすべての人間が楽園から追放されてしまった……という旧約聖書の『失楽園』の物語。
そんな物語もあることですし、蛇に対して「縁起が悪い」「人を騙すよこしまな心の象徴」といったイメージを持っている人は多いと思います。夢に蛇が出てきたときも、何となく不安になってしまうことでしょう。

そして確かに、夢占いでも「蛇」という存在に良くない意味を見出すことがあります。あなたの心の底にある不安感や「良くないことが起こるに違いない」という予感が、蛇というカタチを取って現れることがあります。
たとえば、「蛇に噛まれる」という夢は、体調不良の前ぶれであると解釈できます。
もしかしたら、実は気づいていないだけで何か病気をしているのかもしれません。

「良い夢」にも登場する蛇

ただし、蛇が出た夢を見た人の全員が、体を壊す、不幸になってしまうわけではありません。
蛇は吉夢、いわゆる「良い夢」にも登場します。
たとえば、「蛇を殺す」という夢は、幸運が訪れる前ぶれであると解釈できます。『破滅』を象徴する蛇を殺すということは、破滅とは逆の『幸福』を意味するのです。

また、同じ「蛇に噛まれる」という夢でも、噛まれた場所が胸であった場合、それは「新しい恋の前ぶれ」と夢占いでは考えます。

キーワード検索