名前

誰もが持っている「名前」。テストの答案用紙に書いたり名札を付けたり、宅配便のサインをしたり、一生その人が付き合っていく自分の名前。これが、夢の中に登場することがあります。 たとえば、「誰かに名前を呼ばれる」という夢。 そ …続きを読む

銀色

競技の世界では「2等賞」をあらわす銀色ですが(銀メダルとか)、夢占いではある意味で「1等賞」をあらわす色であると考えられます。銀色は、「安定」をあらわしていると解釈することができます。 たとえば「銀色のものを手に入れた」 …続きを読む

オレンジ色

黄色を強めにして赤色と混ぜたときにできあがるオレンジ色。文字通り果物のオレンジの色であり、国によっては子供が太陽の絵を描くときにオレンジ色を使うそうです(日本では赤が主流)。 そんなオレンジ色にも、夢占い的な意味がありま …続きを読む

ピンク

なぜだかわからないけど可愛いピンク色のぬいぐるみが出てきた、何をしていたかは忘れたけれどキュートなピンク色のTシャツを着ていた、あるいは夕空がピンク色に見えた……そんな「ピンク」という色が印象に残る夢を夢占いで読み解くと …続きを読む

茶色

夢の中で、出会った人が身につけていた服。立っていた場所の地面。手に取った物……それらの「色」が気になることがあります。 たとえば、茶色のジャケットを着ている人に会った、床が茶色の場所に立っていた、手にとった本の表紙が茶色 …続きを読む