指輪

とりわけ女性にとっては「幸せな恋」の象徴であるといってもいい指輪。
彼から高めの指輪をもらうということは、つまり2人の関係が幸福なゴールに今たどり着こうとしていること!
夢占いでも、指輪は、基本的にはそのような幸せいっぱいの意味を持っています。
現実とは違い「指輪=結婚」をあらわすわけではなく、恋の成就を意味すると解釈するのが一般的です。
たとえば、女性でも男性でも、夢の中に登場する相手に指輪を渡して受け取ってもらえたとき……。
それは今、あなたが恋の成就を確信していることをあらわしていると言えます。
「告白したら、たぶんうまくいく!」
そんな自信いっぱいのときに見る夢です。目が覚めたら、迷わずアタックすべきだといえるでしょう。

「合わない指輪」は要注意!

一方、「指輪をもらう夢」にはちょっぴり注意が必要です。
もらった指輪を指にはめ、幸せな気持ちになって目覚める……これは100%幸福を暗示する夢だと解釈していいのですが、指輪をはめたとき「あれ、ちょっとキツい?」あるいは「ゆるゆるかも」と違和感を覚えたときには要注意です。

夢占いでは、指輪が合わないということは、恋愛の相手と自分の間に心の溝があることを暗示しています。
相手との性格の不一致を無意識的にせよ意識的にせよ感じているとき、このような夢を見るようです。
あなたの恋は、そろそろ下り坂にさしかかろうとしているのかもしれません。

キーワード検索