宗教

人は心の拠り所を探す生き物です。家族や友人、恋人にペット。いろいろなものに対して人は心の拠り所を探します。人によってはそれが宗教であることも。

日本は宗教の信仰が自由とされています。そのため、日本には仏教徒もいればキリスト教徒やヒンドゥー教徒もいます。さらにはカルト宗教というような、一派的にはあまりイメージのよくない宗教を信仰している方もいます。

さて、夢においてこういった宗教が出てきた場合、どのようなことを暗示しているのでしょうか。

宗教に対するイメージで決まる

宗教の信仰は自由の日本において、なんらかの宗教を信仰している方もいれば、なにも信仰していない方もいるでしょう。
夢占いにおいては、自分自身がその夢に出てきた宗教に対してどのようなイメージを持っているかが関係します。

たとえば、それが自分が信仰している宗教だったり、自分の中でいいイメージの宗教だった場合、癒しや安心感を求めている心理をあらわしています。
反対に、その宗教に対するイメージが悪い場合はトラブルや混乱に巻き込まれる可能性をあらわしています。

また、これは宗教を信仰しているか信仰していないかは関係ありません。
あくまも自分がその宗教に対してどんなイメージを持っているかということが大事なのです。

キーワード検索