虹色

7色のカラフルな虹色。何となく見ているだけで気分がウキウキしてくるこのカラーが印象に残る夢、夢占いではもちろん吉夢であると解釈できます。
たとえば、「虹色の服を着ている」「虹色の旗を振っている」「虹色にカラーリングされた車に乗っている」……など、身近にあるものが虹色であるという場合、それは幸運の象徴であると考えられます。
希望が叶ったり好きな人へ思いが通じたり仕事が成功したり……さまざまな幸運が考えられます。

「これからはうまくいく」という意味も!

また、虹色という色には「困難な状況からの脱出」という意味合いもあると解釈できます。
今、現実世界でいろんな意味で苦しい思いをしながら頑張っている人、そんな人が「虹色が印象に残る夢」を見た場合は、その苦労が今まさに報われようとしている、これからは物事がうまくいく!ということをあらわしていると考えられるのです。
「頑張ってはいるけれど、先が見えないのでそろそろ心が限界に近付いている」
そんなときに、虹色の服とか旗とか車が出てくる夢を見ることがあります。
このような夢は、「今はまだ先は見えないかもしれないがもうすぐ苦労は報われる。頑張ろう!」という意味であると解釈できます。

キーワード検索