部屋に閉じ込められているような気分がする陰鬱なザーザー降りの雨。
薄い雲のあいだから晴れ間も見える明るい昼間にパラパラ降って街の風景を幻想的なものにしてくれる気持ちの良い雨……。
さまざまな雨が今日も世界のどこかで降っていますが、夢の中でも雨が降っているという場合があります。
夢占いでは、「雨の夢」は見る人の心身の状態をあらわしていると考えます。
心身の健康の良しあしや疲労の有無が、雨という現象となってあらわれるのです。

たとえば、不快感を呼び起こすようなザーザー降りの雨や冷たい雨は、心身の状態が不調であることを意味している一方、洗い流してくれるような気持ちのいい雨が降る夢は心身の状態が万全であることを意味していると考えられます。「イヤな雨の夢」を見たときは、何か心配事がないか、体に変なところはないか、見返してみることが大切です。

「雨上がりの夢」は良い夢です。

降り続いていた雨がやんで、陽が輝き、アスファルトから湿気がふわっと立ちのぼる……そんな雨上がりの夢は良い夢であると夢占いでは考えます。
心身を圧迫していたものが取り払われたこと、たとえば病気から快復したことや心配事がなくなったことを意味しています。雨が降り続いたまま夢から覚めたか、それとも夢の中でちゃんと雨が上がったか、覚えておくと夢診断がしやすいと思います。