喧嘩

誰かと喧嘩している夢というのは、決して見ていて寝覚めの良い物ではありません。
誰か知らない人と喧嘩をしていたとしても、決してそれは楽しい物ではありませんし、相手が自分の恋人や友人などの身近な人だった場合、起きたと同時に憂鬱な気分になってしまいます。

ですが、実は喧嘩をする夢というのは「逆夢」と呼ばれるもので、夢の中で行われている事とは全く真逆の意味を持ちます。
その為、喧嘩をしている夢は今後何かいいことがある、という暗示をしてくれているのです。

恋人との喧嘩は信頼の証

恋人と大喧嘩をしている夢をみてしまうと、なんだか申し訳ない気持ちになってしまったり、朝からなんてものを見てしまったんだろう、というような憂鬱な気分になってしまうものです。
ですが、実は恋人と喧嘩をする夢というのは「恋人と深く打ち解け、愛を深め合う事が出来る」という事を暗示しているのです。
なので、恋人と喧嘩している夢というのは実は相手の事を深く信頼しているという証拠でもあるのです。
その為、もし恋人と喧嘩している夢を見たのであれば、その時は現実の恋人に「君の事をよく知りたい」と伝え、相手の事を更に知っていきながら、より深い信頼関係を築いていくようにしましょう。

キーワード検索