ペットボトル

軽くて持ち運びもできて、2リットルから250ミリリットルまで状況に合わせて選べる便利なペットボトル。
そんなペットボトルが夢に登場することがあります。
「ペットボトルなんてありふれたものだし」ということで見過ごされがちですが、夢占いでは結構重要なことを私たちに伝えてくれるアイテムです。
便利で頼りになるペットボトルが夢の中に出てきて印象に残る、という場合、夢占い的には「心にゆとりがある」ということをあらわしています。
いつ喉が渇いても、ペットボトルがあるから大丈夫。というわけで、「万全の準備が整っていて余裕がある」という意味を持つと解釈できるわけです。

「残り少ないペットボトル」は要注意!

ただし、夢の中に出てきたペットボトルが残り少なかった、という場合には要注意です。
この場合には、「準備不足」で「心にゆとりがない」という状態をあらわしていると解釈できるのです。
というわけで、ペットボトルを夢に見たときは残量を覚えておくことが大切です。
特に、これから大変な仕事に挑戦しようとしているタイミングなどでそのようなペットボトルが夢に出てくる場合には、もう一度、その仕事をこなすための準備はきちんと整っているか、ということについて考える必要があるといえるでしょう。

キーワード検索