ペット

一緒にいると癒されるペット。
ペットの夢は可愛がられたい気持ちや愛したい気持ちの象徴で、ペットを可愛がる夢はあなたが誰かを愛したいと思っていることや、誰かに可愛がられたいと思っていることを暗示しています。
また、ペットの赤ちゃんを抱く夢や、小さなペットを抱く夢を女性の人が見たのなら、それは母性が高まっており、心のどこかで赤ちゃんを欲しがっていることを暗示しています。
実際に飼っているペットが夢の中に出てきたのなら、ペットが夢を通じて何かを伝えようとしている可能性もありますので、そういった夢を見たときは何か変わったことはないか、じっくり観察してみることをオススメします。

死んだペットが出てくるときは?

死んだペットが夢の中に出てくることもありますが、こういった夢は、夢占いでは寂しさを乗り越えて先に進むサインであると解釈します。
ペットは大切な家族ですので、死んでしまうとどうしても悲しくなりますし、死んだペットが夢に出てくると懐かしさなどから寂しさを感じてしまうかもしれません。
ですが、死んだペットが後押しをしてくれているんだと考えて、前に進んでいきましょう。

ペットを可愛がる夢は警告夢

夢の中でペットを可愛がっていたという場合は、少し注意するようにしましょう。
というのも、ペットを可愛がる夢は病気や怪我への警告を意味しているからです。
ペットを飼っていないのに、ペットを可愛がる夢を見たのなら、関係の近い人が病気や怪我をしてしまうことを意味しています。
身近な人で体調が悪そうな人や、調子があまり良くなさそうな人がいるなら、病院に行くように促してあげるといいかもしれませんね。

キーワード検索