香水

少量であれば周囲の人の心を癒しますが、匂いが強くなってしまうと不快感を与えてしまうこともある香水。
香水は人の夢の中にも出てくることがあり、夢の中で感じた香水の香りがふわりと香る程度のいい香りならあなたの恋愛が成就することを意味しています。
また、そのときに感じた香りがあなたのイメージに合っていたなら、周囲の人に良い印象で受け止められていることを暗示しています。

夢の中で香水を選んでいたのなら、あなたは異性に対してどのようなアピールをしたらいいのか、魅力的に見せるにはどうすればいいのか、心のどこかで考えているのかもしれません。

自分の手持ちの香水の中から選んでいたのなら、その時々で自分の魅力を上手くアピールできることを意味しています。
また、見た夢の中に出てきた香水が綺麗な容器に入っていたのなら、あなたの中にまだ眠っている魅力があることを暗示しているので、その魅力を開花させるために自分磨きをしてみるのもいいかもしれませんね。

嫌いな匂いや強い匂いには注意

魅力や恋愛に関係していることが多い香水の夢ですが、夢で見た香水の香りが強すぎたのなら、他人に対する接し方が強いことを意味しています。
あなたの自意識過剰が夢の中に反映された可能性もあるので、少し注意したほうがいいでしょう。
また、嫌いな香りや嫌な香りだったのならトラブルに巻き込まれたり、嫌なことを押し付けられたり、周囲に対するアピールの仕方が間違っていることを暗示しています。
今までの自分を振り返ってみて、心当たりがある場合は改善したほうがいいでしょう。

キーワード検索