顔の真ん中にあって、高かったり低かったりすることで顔の美醜を決めてしまう鼻。クレオパトラの鼻がもう少し低くてもう少しキレイでなければ歴史は変わっていた、とさえ言われています。そんな鼻が印象的な夢は、夢占いでは自分を大きく見せたい、立派に見せたいという思いが強いということをあらわしています。
一歩間違えると、まわりの人から反感を持たれるレベルでそういう思いを持ってしまっているということがあるようです。「自分の鼻が大きすぎる」「鼻がぐんぐん伸びていく」など、特にサイズに関する夢を見たときは要注意です。

「気にしすぎ」かもしれません

鼻に入ってくるニオイがやたらと気になるという内容の夢を見ることがあります。誰かの、何かのニオイが気になる。変なニオイがする物体が目の前にある……など。
このような夢は、いろんなことに対して「気にしすぎ」な状態であることをあらわしていると考えられます。ニオイに限らず、たとえば自分の見た目とか周りからの評価とか成績とか、さまざまなことに対してちょっと気にしすぎなところがあるのではないでしょうか?
もちろんそういったことを気にすることは大切ですが、何ごとも「しすぎ」はよくありません。ニオイが気になる夢を見たときは、自分を振り返ってみる必要があるといえそうです。

キーワード検索