音楽

夢のなかで何か音楽が流れてきた、という経験がある人はきっと少なくはないはずです。
音楽の夢を見たのは覚えているけれども誰のなんという曲なのかは分からない、という人がほとんどだと思いますが、実は音楽の夢というのは「想像力」「感受性」「インスピレーション」などの、創造にまつわる夢なのです。
そしてその音楽が綺麗なものだった場合、夢が「あなたの心は綺麗です」と教えてくれていて、普段は聴かないようなジャンルの音楽だった場合、新たな才能の開花を予知しています。
もし普段聴かないような音楽の夢を見たのなら、創造的な趣味を初めて見ると非常に良い結果を残せるかもしれません。

耳障りな音楽はストレスの証

音楽によっては聴いていて耳障りに感じるような音楽があります。
もし夢のなかでそのような音楽を聴いたのなら、今のあなたの生活というのはストレスに晒されており、日頃の些細な事も受け入れることができない、余裕のない生活を送っている、というのを夢が教えてくれているのかもしれません。

現状を変えるために様々な努力をするのも良いかもしれませんが、その過程で疲れ果ててしまわないように、まずは日頃のストレスを解消しながら自分の心にゆとりを持てるように努力してみましょう。

キーワード検索