映画

夢の中で、人はさまざまな場所に行き、さまざまなものを目にします。そして、それらの場所や目に見えるものに意味があると考えるのが夢占いです。
たとえば、「映画館」という場所に行き、スクリーン上にうつしだされる「映画」を見る……ここにもちゃんとした意味があると考えられます。

「映画館」「映画」は、あなたの現状が今、どんな感じだと自覚しているかということをあらわしていると考えられます。
たとえば、設備が整い、空調はちょうどよく、シートはふかふかでポップコーンも美味しい映画館にいて、おもしろい映画に没頭している……そんな夢を見るとき、あなたは良い人生を送っている、現状に満足している、非常に良い状態であるといえます。
心の底から「今、絶好調!」と思っているとき、そのような夢を見るのです。

ダメな映画館で退屈な映画を見る夢は?

一方、シートはケバ立ち、お尻が痛くなってくる。寒すぎる、あるいは暑すぎる。ガラの悪い観客がまわりにいる。そんな質の悪い映画館にいて、しかも見ている映画がかなり退屈なシロモノ……このような夢は、もちろん言うまでもなくあなたが今、心の底から「絶不調だ……」と感じていることをあらわしています。
現状を変えるために、何かアクションを起こすべきだといえるかもしれません。

キーワード検索