猿が出てくる夢というのは基本的に、対人関係をあらわしているとされています。
たとえば、猿に襲われる夢という場合は、狡猾で知恵のある人物が関係したトラブルに巻き込まれる、という警告夢とされています。
また、猿に噛まれる夢であれば、自分が誰かの仕掛けたトラップに引っかかってしまい、損害を受けることを予知しているのです。
このように猿が現れる夢の場合は、危険な夢であることも非常に多いので、注意しなければなりません。

どんな猿を見たのか

夢に出てきた猿はどんな猿でしたか?
夢占いではこの点も非常に重要なので、じっくり思いだしてみましょう。

猿の中でも年老いた猿の場合は、あなた自身の知恵が成熟しているというあらわれでもあります。
猿というのは、動物の中でも非常に知恵のある動物とされているので、このようにとらえられています。
また、その猿が「白い色の猿」だった場合はラッキーです!
夢占いでは「白」という色は、いい意味をあらわす「吉夢」であることが多いです。
白い猿を見たという場合も吉夢で、支援者や協力者があらわれることを予期しています。

猿に襲われたり、噛まれたりするような夢は対人関係でのトラブル。
自分が猿を見た夢の場合は知恵や知識の成熟をあらわしているので、夢の中でその猿がどんな行動をしていたのか、どんな猿だったのかという点についてしっかり考えておきましょう。

キーワード検索