化粧

化粧は、特に女性にとっては欠かせないこと。毎朝、鏡の前で時間をかけてお化粧しているという女性は多いでしょう。自分の魅力がどんどん引き立っていくのが楽しい、という女性もいるでしょうし、「面倒だなー」と思っている女性もいるでしょう。
さて、そんな楽しい、あるいは面倒な化粧を夢の中でもすることがある、ということがあります。
鏡の前でお化粧したり、化粧をしている最中の人を夢の世界で見かけたり。
夢の中では現実ではありえないくらいに厚塗りしてしまう、まったく別の顔に変わってしまう、あるいは大成功して可愛く大変身する!みたいな夢を見ることもあるようです。

化粧は、「隠したいものがある」ことを暗示します

夢占いでは、「化粧」とは第一に「隠すもの」を意味すると考えます。
特に、「厚塗りしてしまう」とか「まったく別の顔になってしまう」といった夢は、「化粧によって隠したいもの」が大きいことを示す、といえます。
多くの場合、化粧が隠してくれるのは、そしてあなたが夢の中で隠したいと思うのは、心の奥底に秘めている「本心」です。化粧でひとまず隠してごまかしたいと思っていることがある……そんなとき、夢の中で「厚化粧をする」といった情景を見るのです。

あるいは、現実世界で恥ずかしいことがあって、「あんなことは忘れたい!」と思っているとき、その思いが化粧という形であらわれることがあります。

また、「厚化粧をしている人を見る」という内容の夢を見たとき、その人があなたの知り合いである場合、その人が本心を隠している=裏切る可能性がある、とあなた自身が心の底で察知していることを表しています。

「良い夢」の場合も!

こうして見ると、化粧にまつわる夢はあまり良くないものと思われるかもしれませんが、場合によっては「良い夢」とも解釈できます。
たとえば「化粧をする」ではなく、「化粧を落とす」という夢……この夢は、あなたが本心を隠すのをやめ、ホンネで物事に向かっていこう!と決意していることをあらわします。

また、化粧が大成功で、可愛く大変身!という夢の場合、「化粧」は「あなたの魅力が周りの人に認知される」ということをあらわすと考えます。