好きな人

好きな人が夢の中に出てきた、そんな経験をした人も多いのではないでしょうか。
ひっそりと片思いをしている相手が夢の中に出てきたら、それだけでなんだか嬉しくなる、夢から覚めても楽しい気分が続くと思います。
「好きな人の夢」は、夢占いではその内容によって、さまざまな意味があると考えられます。

好きな人は「願望」の表れ

夢に好きな人が出てくるのは、多くの場合、自分の願望の表れだと言われています。
たとえば好きな人と一緒にデートをする夢を見た場合は、その人と一緒に楽しい時間を過ごしたいという願望の表れです。

ただし、デートをする約束をする夢の場合だと、好きな人に会いたい気持ちが満たされていない暗示で、感じている寂しさが表れてしまっているようです。また、好きな人と一緒に食事をする夢には、性的な不満が高まっているという暗示が隠されていると解釈できます。
このような夢は、今あなたが強い恋愛感情を持っていること、しかし二人の関係にまだ距離があるということを意味しています。より距離を縮められるよう、努力すべきといえるでしょう。

喧嘩してしまう夢は…?

一方、好きな人が出てくる夢は楽しい内容のものばかりではないでしょう。
好きな人と喧嘩をしたり、冷たくされたりする夢を見てしまうこともあります。
夢占いでは、「好きな人に冷たくされる夢」は「逆夢」であると解釈するのが一般的。特に好きな人と喧嘩をする夢の場合、良い意味で二人の関係が変化することを暗示しているといわれています。
「私は嫌われているのかも」と不安になってしまうかと思いますが、むしろ恋が良い方向へ発展する予兆だといえるでしょう。

キーワード検索