忘れ物

学校について「あっ、宿題のノートを持ってくるのを忘れた!」とか、会社について「あっ、会議用の書類を忘れた」とか、雨が降りそうで降らなかった日、傘を持って家を出てコンビニの傘立てに忘れて帰るとか……人は日々、大小さまざまな忘れ物をしてしまうことがありますが、「忘れ物をしてしまう夢」も見ることがあるようです。「ああ、夢か」と目覚めたときにホッとすることが多いと思いますが、夢占いでは、そのような「忘れ物の夢」には重大な意味があると考えます。「ああ夢か。よかったよかった」ということで片づけることなく、しっかりその結果を確認しておきましょう。

「物事に注意しよう!」というメッセージ

夢占いにおいて、「忘れ物の夢」はその人が何かにつけて一事が万事「うっかりしている」ことをあらわしています。注意力散漫であること、何かにつけてタカをくくって考えていること……など。忘れ物をしてしまう夢は、そんな人に対する夢からのメッセージです。「もっとしっかり物事に注意しよう!」と。
しかし、夢はその人自身が見るものですから、いわばその人自身が自分に向かってメッセージを発信しているわけです。本当は、心の底では「こんな自分を何とかしなければならない」と思っていることの証です。
「忘れ物の夢」の意味をしっかり心に刻んで行動すれば、きっと道はひらけるでしょう。

キーワード検索