キス

好意を寄せている相手と唇を合わせるキスを、夢に見ることがあります。
「はぁ……ステキな夢だった」と、目が覚めたときには誰もが思うことでしょう。

しかし、夢占いでは、「キスの夢」は必ずしも良い夢であるとは考えません。
キスは、その夢を見た人の「満たされない心」をあらわしていると解釈されます。キスの相手に「優しくしてもらいたい」「深く愛してもらいたい」という思いのあらわれです。

たとえば、すでにお付き合いしている彼氏・彼女にキスをしている夢は、その人にもっと愛されたいという思いをあらわしています。逆にいえば、今は十分に愛されていないと感じている、と考えられます。

失恋の前ぶれかも……。

意識していないだけで、実は、心の奥底にすでに存在している思い。それが夢の中でさまざまな人物や行動としてあらわれることがあります。

たとえば、まだ想いを伝えていない好きな人とキスをする夢を見たとしましょう。

この場合、夢診断の結果としては、
「あなたはその人の愛情を求めているが、それが『満たされない』ということも実は心の底で察している」
ということになります。

つまり、失恋することはわかっているけれど、それでも好き……という思いが夢にあらわれているのです。
このような夢を見たときは、わずかな可能性を信じて今の恋を貫くか、新しい恋を探すか、そろそろ決断すべきときであるといえるかもしれません。

キーワード検索