飼う

最近はペットブームによって、イヌやネコなどの動物を飼う人が増えています。
飼う対象はイヌやネコに限らず、ウサギやハムスターなど人によってさまざまでしょう。
熱帯魚やカブトムシなど、動物以外の生物を飼うこともあると思います。
動物を飼おうと、それ以外の生物を飼おうと、飼い主からすれば大切な家族であることに変わりません。
特に最初に挙げたイヌやネコなどはペットを代表する動物であり、こうしたペットを飼うことで精神的な癒しとなったという人も大勢います。

こういった意味もあり、夢占いにおいて「飼う」という行為は人に対する気持ちの変化を暗示していると言われています。
何を飼うかによってその意味合いは変化するので、夢の中で何を飼ったのかに注目しておきましょう。

愛情を込めてペットを飼った場合はチャンス

ペットを飼うにしてもさまざまなシチュエーション、気の持ちようがあります。
自分から進んでペットを飼った場合は当然このうえない愛情を注ぐでしょうし、家族の誰かが勝手にペットを飼ってきた場合はそこまで愛情が行き届かない可能性もあります。
もし、夢の中でアナタが飼ったペットに対して愛情をこめていた場合、これは現実世界において人間関係が良くなることを暗示しています。
もし喧嘩をしている相手がいるなどの場合は、積極的に声をかけてみることで関係が修復する可能性もあります。

キーワード検索