はちみつ

ホットケーキにかけたり、レモンをひたしてみたり紅茶に垂らしてみたり……と、いろんな使い方ができる甘くて栄養たっぷりのはちみつ。
例のノンビリ屋の黄色いクマが好きな食べ物でもあります。
そんなはちみつにも、夢占い的な意味があります。英語で「Honey(はちみつ)」といえば「恋人」を意味しますが、夢占いでも、はちみつは恋人をあらわすと解釈できます。
甘くてしかも栄養もある=実用性もあるというわけで、単にロマンチックな気分にさせてくれる恋人というわけではなく、いろんな場面で頼りになる、支えになってくれる恋人をあらわしています。

「良い恋人がほしい」という願望をあらわす

特に、はちみつを食べたり、はちみつを取りに行ったりするような夢は、上に書いたような「可愛い/かっこいい、しかも頼りになる恋人」を求める気持ちが強いことをあらわしています。
つまり、「良い恋人がほしい」という願望をあらわすものなのです。
今、頼りになる恋人がほしくなるような、精神的にちょっとつらい状況にある、とも考えられます。
また、現在恋人がいるという人の場合は、無意識のうちに恋人への不満があって「もっといい人がいれば」という気持ちになりつつあることをあらわしていると解釈することができます。

キーワード検索