神様

神様、という捉えようのない存在が夢に現れた時、というのはあなたの人生の転機を意味しています。
何事に対しても前向きに考えることが出来、今後何が起こってもいい方向に転がるという、神様の存在同様とてもありがたい夢なのです。
そもそも「神様」は輝かしい存在であり、常に人の上に君臨している善の象徴のような存在です。
その神様が夢に現れる、ということはあなたの近くで神様が見守ってくれているということでもあるのです。
間違った道を行こうとすれば正してくれますし、今のままでいいのであれば後押ししてくれるでしょう。

夢の中でも神様に逆らうのはダメ

夢の中での自分をコントロールすることは出来ないので、夢の中でしている自分の行動が現状を暗示するといいます。
仮に、現実世界で神様が目の前に現れてくれた場合、無視したり、背を向けたり、と反発的な態度を取る人は絶対にいないでしょう。
しかし、夢の中でそういう行動を取ってしまった、という場合、それは警告でもあるのです。
神様は進むべき道を示してくれているので、その神様から目を背けるということは今抱えている問題に対しても逃げてしまうということを暗示しているのです。
その問題を解決しない限り、あなたに今後悪いことが降りかかるかもしれないのです。
まずは、今抱えている問題に向き合うことが重要になるので、逃げずに立ち向かいましょう。

キーワード検索