普段から火に対していい印象を抱くことはあまりないと思います。
小さな火でも大火事になってしまうほどの威力を持っているため、熱い、怖い、危険、というようなマイナスのイメージを持たれがちです。
しかし、火は情熱の象徴とも言われており、夢の中で見る「火」は、自分自身のやる気やエネルギーなどの感情を表現しています。

燃えている方が吉夢

夢の中で見た火が燃え上がっている場合、それは今後いいことが起こるかもしれないという暗示です。
やる気がみなぎっているともいえる状態なので、今、目の前にしている目標や難題に対して前向きに取り掛かることが出来ている証拠なのです。
そして、夢から覚めるまでその火が消えることがなければ、現実でも頑張れる、目標を達成するだけのエネルギーを持っているということでもあるのです。

しかし、燃え上がっていた火が自然に消えてしまった、となると、目標達成直前になにか問題にぶつかってしまったり、ハプニングが起こることの暗示でもあります。
また、燃えているものが消える、ということで恋愛感情の終焉も意味します。パートナーがいる人は、もしかしたら別れてしまうかも、という暗示でもあるので、いつも以上に気をかけたり、優しくしてみたりするのもいいでしょう。

キーワード検索