祭り

笛や太鼓の音が響き、踊る人たちの楽しげな声が聞こえ、浴衣姿の人たちが出店のりんご飴を買ったり、初々しい10代のカップルがデートをしていたり、花火が上がったり……という祭りの風景を夢に見ることがあります。街が、ふだんとは違った姿を見せ、きれいに飾られる祭りの日。それを夢に見るという場合、夢占い的には「変化を求める願望」をあらわすと考えられます。
最近、生活に満足できないことが多いのではないでしょうか。
祭りの夢を見たときは、思いきって生活を大きく変えてみるといいかもしれません。

「ひとりで祭りに行く夢」は?

祭りの夜、たったひとりで出店のあいだを練り歩き、花火を見上げて過ごす……そんな夢を見ることがあります。どことなく寂しい感じがすると思いますが、これはまさしく、夢を見る人が「寂しい」という思いをもっていることのあらわれであると、夢占いでは考えます。
まわりでみんなが楽しそうにデートをしていたり祭りばやしに合わせて踊っていたりする中で、自分だけひとりっきり……。これはそのまま、ふだん感じている孤独感があらわれたものであると考えられます。周りの人に積極的に関わってみるとか、新しい出会いを求めて社会人サークルに参加してみるとか、人間関係を豊かなものにできるよう、努力してみるといいかもしれません。

キーワード検索