妖精

ファンタジーアニメでおなじみの妖精が、夢の中で可愛らしくまわりを飛び回って大変楽しい気分を味わった、そんな人もいると思いますが、これは夢占い的に言えば単なる楽しい夢に留まるものではありません。
妖精とは、言うまでもなく神秘的な存在ですが、特に夢を見る人の中に特別な力が眠っていることを教えるために登場するものであると言われているのです……といっても、もちろんファンタジー的な意味ではありません。
たとえば、今直面している問題に対処するための力を本当は持っているのに、「私の手には負えない」とあきらめているとき……そんなとき、あなたの心があなた自身に、「あなたにはちゃんと力がある」ということを教えてくれているのです。

「妖精の国」の夢は心労のサイン

ただし、妖精がひとりか2人飛んでいるというのではなく、「そこに住んでいるのはみんな妖精」という妖精の国に行く……そんな、まさしくファンタジーの世界のような夢を見た場合には、要注意です。
というのも、完全に現実とは離れた世界観の夢は、多くの場合、心が疲れていることを意味しているからです。ストレスなどで心が疲弊してしまっているとき、いわばそこから逃避するために、「妖精の国」がつくられるのです。このような夢を見たときは、思いきって少し休養の時を取ってみる必要があるといえるかもしれません。

キーワード検索