爆発

導火線に火がついてどんどん爆弾本体に火が迫り、ついに着火して大爆発!
大音響と炎がはじけて家や街や星が吹き飛ぶ、そんな「爆発」の夢。恐ろしいですがどことなくスカッとした気分も呼び起こすこの夢、夢占い的には「強いストレス」をあらわしていると解釈できます。
何かが爆発しなければ収まらないような、激しいストレス。それがあらわれた夢なのです。
特に精神的なストレス、怒りがカタチになったものであると考えられます。何かが爆発する夢を見てしまったときは、ストレスを解消できるよう行動を起こすべき、といえるかもしれません。

しっかり実際に発散すること!

「夢の中でちゃんと爆発しているのだから、それでストレスは発散されたのでは?」
そんなふうに考える人がいるかもしれません。現実世界でのストレスを、夢の世界で「爆発」という現象を起こすことによって発散する……と。
もちろん考え方は人それぞれですが、少なくとも夢占いでは「夢の中で起こる爆発」は、ストレス発散の必要性を訴えかけるものであると考えます。
つまり、爆発の夢は「早くストレスを発散させなければ、爆発しちゃいますよ」というあなた自身の心があなたに働きかける警告でもあるのです。

キーワード検索