電気

蛍光灯やLED電球など、家庭に、職場に、学校に、人のいるあらゆる場所に明かりを与えてくれる電気。
どこにでもあるのでついつい見過ごしがちなものですが、夢の中で電気が大きな役割を果たすとき、夢占いで特別な意味を見出すことができます。

世界を明るくしたり暗くしたりする電気は、まさしく夢を見る人の人生のゆくえをあらわすものなのです。
と書くと何だか大層なことのようですが、たとえば「暗い部屋で右往左往しているときに電気がついて安心した」とか、「明るい電気の下で満ち足りた気分で座っていた」といった夢は、大過なく日々を過ごすことができるという予感を意味しています。
特に何ごともなくこれからも日々を過ごしていけるだろう、というあなたの心を反映しているのが、「明るい電気」なのです。

「暗い人生」を暗示する夢……。

一方、「電気が不意に消えて困った」「チカチカして今にも消えそう」といった夢は、暗い人生が待っていることを暗示します……といっても、それほど深刻なことではありません。
ちょっとしたトラブルが起こりそうだとか、風邪を引きそうとか、そのようなちょっとしたことを暗示している場合が多いようです。
「暗い電気」の夢を見たときは、何かトラブルの芽はないか、体調に不安なところはないかと見直してみると良いでしょう。

キーワード検索