部屋の四隅にたまる埃や、何かわからない紙片などの塵。
ほうきで掃いてサッと捨てたいそのような塵が夢の中で重要な役割を果たすとき、まさにあなたの心は今、取るに足らない物事、無意味な物事にとらわれていると解釈することができます。夢占いで、塵は「無意味なもの」を意味するのです。
たとえば、今や何の価値もない、懐かしむくらいしか用途がない「過去の出来事」。
特に現在とは完全に切り離された過去の失恋とか、もう解決した過去の失敗といった出来事をあらわしていると考えられます。

ただし、夢の中で塵を集め、きちんとゴミ箱に捨てているという場面があれば大丈夫。心の整理をつけ、今まさに前に向かって踏み出そうとしていることをあらわしています。

「塵に埋もれる夢」には要注意!

「塵も積もれば山となる」ということわざみたいに、まさにこんもりと山を形成するかのような大量の塵が降ってきて、埋もれてしまう……といういかにも不吉な夢を見てしまうことがあります。

もちろん、このような夢は要注意です。上にも書いたように、夢占いでは「塵=無意味なもの」です。
塵に埋もれてしまう夢は、たとえば「自分には何の利益もないことをさせられそうだ」という予感をあらわしています。職場でつまらない雑用などを押しつけられることがありそうです。毅然として突っぱねる準備をするか、効率よくサッとすませてしまう方法を今から考えておくといいでしょう。

キーワード検索