離婚

男女関係、恋愛関係、夫婦関係に関する夢は「逆夢」であるというパターンが少なくありません。
「離婚」もそのひとつ。結婚している人はもちろん、恋人がいるという人も思わずドキッとしてしまうかもしれませんが、このような「別れ」の夢は、逆に愛情の強さを意味すると夢占いでは考えます。
強い愛情で結ばれているという思いがあるからこそ、「この相手と別れることになったらどうしよう」という恐れが生まれ、それが離婚というシチュエーションの夢を見せるのです。
というわけで、離婚の夢を見たからと言って気に病むことはありません。

「別れの予感」をあらわす場合も。

ただし、前言をくつがえすようではありますが、離婚の夢がズバリ「別れ」をあらわしてしまうというパターンもあります。離婚は離婚でも、たとえば激しく言い合いをして「離婚だ!」という結論になる夢、パートナーが離婚届をたたきつけて家を出ていくという夢は、上に書いたような「逆夢」です。
一方、たとえば「別れるために家の中にあるものを2人で分け合っている」という具体的な行動を、しかも冷静に行っている場合は、現実でも別れが近づいているしるしであると考えられます。
恋愛関係や夫婦関係に行き詰まりを感じていて自分の心が冷めているとき、あるいは相手の心が冷めていることに無意識のうちに気づいている、という場合に見る夢であるようです。

キーワード検索