辞典

知らない知識の宝庫、辞典。ずっしりとしたその書籍が、夢の中に登場することがあります。
ページをめくればどんどん新しい知識を吸収することができる辞典は、夢占い的には「未知の経験をするかもしれない」という予感の表れだといえます。
つまり、何か新しいことが起ころうとしているときに見る夢こそ、「辞典の夢」なのです。

たとえば、新しい恋人とお付き合いをすることになったとき。
それまでは他人だった人と、親しい間柄の人間として関係を築いていくにあたって、「この人とはこれまでには知らなかったことを経験できそう」という予感を持っているとき、辞典が登場すると考えられます。

新しく、楽しい体験を……!

どちらかといえば、夢占いに登場する辞典は「イイ意味」を持っています。
「これまでには知らなかったことを経験する」というのは、言葉だけを見れば必ずしも良いことばかりを意味するわけではありません。たとえば新しい恋人が実はイヤな人で、これまでには知らなかったようなイヤなことをされる、みたいなこともあるでしょう。
しかし、少なくとも「辞典の夢」が意味しているのは、前向きな意味で「新しい体験ができるかも!」とあなた自身が考えているということ。人生の新たな段階を楽しむつもりで、気楽にいきましょう!

キーワード検索