泣く

夢の中で自分がボロボロと涙をこぼしていた、という経験はありませんか?
悲しい出来事が起こって泣いている、身近な人が亡くなった悲しみで泣いている、はたまたなぜ泣いているのかわからないけれども、大粒の涙を流している……このような夢というのは、一見するとあまり良くない夢のように感じるかもしれません。
ですが、実は夢の中で涙を流すような感情を表に出す、感情的になる夢というのは非常に良い夢であると言われているのです。
大粒の涙を流している、所謂号泣している夢というのは、自分の内側にため込んでいた感情を夢が代わりに開放してくれているという事なのです。
その為、この夢を見た後は非常にスッキリとした気分になることが出来る事でもあるので、決して悲観しないようにしましょう。

死は再生の暗示

涙を流している夢の中で最も良い夢とされているのは、実は誰かが亡くなって涙を流している夢なのです。
夢占い的に、誰かの死というのは再生を意味しています。
その為、誰かが死んでしまった夢というのは「これから新しく何かが始まる」と夢が教えてくれている事でもあるので、今後何か新しいことが始まる、何か良いことが起こる、という現れでもあるのです。
なので、誰かが亡くなって泣いている夢を見た時には、その悲しみに暮れて後ろを振り返るのではなく、しっかりと前を向いてこれからの自分の将来を見つめてみましょう。

キーワード検索