計算する

いくつかの数字を前にして、足したり引いたりと何かの計算をしている夢を見ることがあると思います。計算ドリルを一心不乱に解いていたり、何かわからないけれどとにかく足し算や引き算に取り組んでいたり、「計算」の内容もさまざまでしょう。
このような夢の意味も、夢占いで解き明かすことができます。
「計算する」という行動は、要するに何かの答えを導き出すためのもの。というわけで、「計算する」という夢には、何かの答えを出すためにあなたが今、何かについて冷静に、深く考えているということを意味します。
人生において何か重要な決断をしようとしているときなどに、このような夢をよく見るようです。
そしてこの夢、おおむね「吉夢」といっていいでしょう。ある決断をするにあたって、あなたが今、冷静に深く考える心の余裕を持っていることを意味するのです。

ただし、おおむね「吉夢」ではありますが、場合によっては要注意、ということもあります。

「計算が合わない夢」は要注意!

何度か同じ計算をしてみて、出てくる答えが毎回違う……といった、「計算が合わない夢」は要注意の夢といえます。「答えが毎回違う」ということは、何かについて深く考えてはいるけれども、間違った答えに行きつこうとしているということの暗示であると、夢占いでは考えます。
このような夢を見たときは、今、人生において決断を迫られている物事について改めて考え直してみること、軌道修正をしてみたり別の角度から見てみたりすることが必要かもしれません。

「お金を計算する夢」も要注意!

さまざまな「計算」がありますが、特にお金の計算をしている夢を見たときは要注意です。
この夢、今あなたがお金の浪費をしようとしていることを暗示しています。心の底ではうすうす分かっているけれど、何か大きな、そしてムダな買い物をしようとしている……そんなとき、夢の中であなたの深層心理がそれにストップをかけようとしているのです。
目覚めて、夢の中でお金の計算をしていたことを覚えているという場合、自分がこれからしようとしている買い物は本当に良い買い物なのかどうか、考え直してみる必要があります。